交渉のプロに依頼する

交通事故によってケガをした場合、加害者は被害者に治療費や慰謝料等を支払わなければいけませんが、その額はケガの程度によって大きく異なってきます。 賠償額を決める際は、まずは双方の話し合いが行われるのが一般的ですが、被害者本人が交渉の場にたつよりも弁護士に依頼した方が適正な賠償額を手にすることができるようになります。 賠償額は自賠責保険や任意の保険会社、弁護士によってそれぞれに基準を設けていて、それを元に交渉が行われるのが一般的です。相手が任意保険に加入している場合は保険会社が代理交渉の場にたちますが、弁護士の方が基準を高く設定していて様々な観点から必要な賠償額を計算していくので、相手側が提示した額よりも増額できることが多くなっています。

交通事故は車同士の事故や車と歩行者など様々な状況で発生しますが、最近では自転車による交通事故が増加しています。 特に自転車と歩行者の交通事故が増えていて、歩行者がケガをしたり死亡した場合、加害者側は被害者側から多額の賠償額を請求されるケースも珍しくありません。 車の場合は自賠責保険のように強制保険があったり、任意の自動車保険に加入する人も多く、弁護士特約などを付けて保障内容を充実させている人も少なくありませんが、自転車保険の認知度は低く、保険に加入している人はごく少数と言われています。しかし、自転車による事故の場合も数千万という賠償額を請求されるケースも珍しくないため、自転車購入の際は保険の加入を勧めるなどの対策が必要とされています。